相続税の増税案

最近ニュースで相続税の増税案が2013年度の税制改正大綱で盛り込まれたことを耳にしました。

こちらのhttp://www.gokartmart.net/でも触れられていますが、つまり相続税がアップするのだそうです。

なんでも、大きな改正点は2つ。

1つは、相続税に対して、税金が免除される額が、4割と大きく減ってしまうこと。

税金が免除される額、つまり、基礎控除の額が大幅に2015年1月から減らされるというのです!

今までは、家族内で、父が亡くなり、遺産相続を母と息子がすることになったとします。

定額控除5000万円プラス1000万円X2人=7000万円控除されていました。

ところが新しい増税案では、定額控除が5000万円から3000万円に変わり、法定相続人の人数に応じる比例控除も1000万円から、600万円に改正するというのです。

となると、控除額は3000万円プラス600万円X2=4200万の控除に!

以前に比べると、2800万円もの違いが出てきます。

もう一つは、税率が上がって、MAX55%に上昇することに。

まだ両親も健在ですが、今から相続税ついて調べておいた方が良さそうですね。

今まではお金持ちしか関係のなかった相続税が、改正によって一般市民にまで影響を及ぼすことになりそうです。

相続税について勉強してみましょう。